ニュース

ドリコム、“ブロックチェーン上に2人だけの思い出を永遠に残す“とアピールする新サービス「LoveChain」を開始

 株式会社ドリコムは7月5日、ブロックチェーン技術を活用したカップル向けの思い出記録サービス「LoveChain(ラブチェーン)」を発表し、同日よりWebにてサービスを開始した。同サービスはブロックチェーン技術の「取引履歴の維持」や「耐改ざん性」などにより、“2人だけの思い出を永遠に残す”というコンセプト。このコンセプトが世間や利用者にどう評価されるのか、今後の同サービスの活用のされ方、サービス自体の継続性を含めて成り行きを見極めたい。

 「LoveChain」は、仮想通貨Ethereum(ETH)のプラットフォーム上で動くDappsと呼ばれる分散型アプリケーションだ。ドリコムでは、Dappsというとブロックチェーンゲームなど、すでに仮想通貨を購入したことがあるユーザーがターゲットとなるサービスが多いと感じていたことから、まだ仮想通貨を購入したことがない人にも身近にブロックチェーンの利点を感じてもらえるようなサービスを作りたいという思いの中から、この「LoveChain」のアイディアが生まれたという。

 同サービスを利用するには、カップルがお互いに「LoveChain」のアカウントを開設し、カップルページを作成する必要がある。さらに、ブロックチェーンへの記録の書き込みには、Ethereumのトランザクション手数料が必要になるため、あらかじめWebブラウザーにウォレットプラグイン「METAMASK」をインストールしておく必要があるとのこと。

「LoveChain」のサービス概要