ニュース

サイバーエージェント、広告事業に特化したブロックチェーンスタジオを設立

専門部署としてブロックチェーン領域での広告サービス研究・開発を担う

 株式会社サイバーエージェントは8月1日、同社グループのアドテクノロジー分野におけるサービス開発を行う横断組織のアドテクスタジオが、新たに「ブロックチェーンスタジオ」を設立したことを発表した。専門部署として、ブロックチェーン領域でのサービスの研究・開発強化を目的とした事業を行っていく。

 サイバーエージェントグループは、ブロックチェーン技術が仮想通貨以外の分野でも利用され始めているのを機に、今後は幅広い事業でブロックチェーン技術の活用が見込まれると判断。そこで、広告事業におけるブロックチェーン技術の活用と、サービス開発・研究を目的とした専門の部署を立ち上げた。

 同社は、以前からブロックチェーン技術を活用した広告サービスの研究・開発に取り組んできたが、ブロックチェーンスタジオの設立により、ブロックチェーン技術に関わるエンジニアやビジネスデベロップメントを組織化した。今後は、サービス開発・研究の効率を図るために、社内外からエンジニアを採用し、開発体制を強化していく。エンジニアの技術力の向上をサポートする環境作りや、新たな制度の導入を行っていくそうだ。