ニュース

GMOがマルチシグベースの仮想通貨送金管理サービス「GMO SigNeD」の提供開始

複数の秘密鍵による承認で仮想通貨をより安全に送金管理

 GMOインターネットグループのGMOシステムコンサルティング株式会社は9月10日、複数の秘密鍵による承認を必要とするマルチ・シグネチャー(マルチシグ)に対応した仮想通貨の送金管理ができる「GMO SigNeD」の提供開始を発表した。仮想通貨の送金を行いたい事業者が「GMO SigNeD」を利用することで、顧客専用のマルチシグアドレスを発行することが可能になり、仮想通貨の取引におけるセキュリティを強化することができる。

 マルチシグは、取引時に複数の秘密鍵による承認が必要になるため、通常のシングルシグに比べてセキュリティが高く、より安全に仮想通貨の送金を行うことが可能になる。また、マルチシグアドレスの秘密鍵を事業者側と「GMO SigNeD」側で分散管理することで、仮想通貨の不正流出や誤送金リスクを低減することができるという。今回提供の「GMO SigNeD」はBitcoinの送金に対応している。今後は、アルトコインへの対応も予定しているそうだ。なお、同サービスは現在特許出願中とのこと(出願番号:特願2018-041989)。