ニュース

ニューヨーク州当局、ドルペッグ制の仮想通貨を世界初認可

ステーブルコインのGemini DollarとPaxos Standard

 ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)は9月10日(現地時間)、基軸通貨である米ドルと連動する固定相場制(ドルペッグ制)仮想通貨を、Gemini Trust Company LLCとPaxos Trust Company LLCに対し認可したと発表した。今回、ドルペッグ制の仮想通貨として初めて認可されたGemini Dollar(GUSD)とPaxos Standard(PAX)は、いずれもERC-20上で発行されるEthereumトークンである。

 ドルペッグ制の仮想通貨は、米ドル連動のステーブルコインとも表現される。ステーブルコインは一般的な仮想通貨と異なり、交換レートが米ドルと1対1に固定されているため、相場が安定している点が特徴となる。NYDFSによると、米ドル連動ステーブルコインとしてGemini Dollar(GUSD)とPaxos Standard(PAX)というプロダクトを承認する一環として、各信託会社がリスクに対処し、マネーロンダリング対策や不正対策、消費者保護対策といったニューヨーク州の厳格な基準と規則を適用することを必要な条件として定めたとのこと。

 なお、Gemini社は、世界最大のビットコイン所有者として有名なウィンクルボス兄弟によって、仮想通貨交換所「Gemini」を運営する。Gemini社が同日に発表したプレスリリースによると、米国の銀行で流通し、連邦預金保険公社(FDIC)のパススルー預金保険の適用対象となっている米ドルを、Gemini Dollar(GUSD)と連動させるとのこと。さらに、米ドルの預金残高がGUSDとの1対1の交換に対応できるのかについては、独立した公認会計事務所によって毎月検査されるようにするという。