ニュース

3月1日頃のイーサリアム・ハードフォークに伴う仮想通貨交換所のETH入出金対応まとめ

Ethereumチェーンの分岐・新規通貨の発行予定なし、ネットワークの安定状況に注意

(Image: Shutterstock.com)

 Ethereum(ETH)は大型アップデート「コンスタンティノープル」(Constantinople)および「サンクトペテルブルク」(St.Petersburg)をネットワークの第728万ブロック(日本時間3月1日未明頃)で適用する予定だ。本アップデートを間近に控え、国内の各仮想通貨交換所はETHの入出金等に関する対応方針を発表している。発表済みの交換所では通常通りETHの入出金が行える場合と、入出金が一時的に停止する場合とがあり、対応とそのスケジュールは交換所によって異なる。

 本アップデートは1月に予定していたアップデートを延期したもの。主なアップデート項目は採掘報酬の変更、Ethereum仮想マシンの新規命令実装となるため、仮想通貨交換所のユーザーにとって、直接的な影響は小さい。アップデート前後でブロックの互換性が保持されないため、ハードフォークとなる。チェーンの分岐ないし新規通貨の発行は予定されていないが、一時的にネットワークが不安定となる可能性がある。

 本アップデートにおけるEthereum(ETH)入出金について、各交換所のETH入出金の可否を下表にまとめた。ETHの入出金を一時的に停止する交換所のうち、停止・再開日を未定とする交換所はそれぞれ、詳細なスケジュールは後日発表するとしている。ネットワークの安定状況次第では予告なく停止する可能性もあるため、最新の状況については各交換所の公式サイト等をご確認いただきたい。

【ハードフォーク前後のETH取引可否予定】
※最終更新は3月1日0時50分
※○=取引継続、×=取引一時停止
交換所名入金出金補足(停止期間等)
Liquid by Quoine-
bitFlyer××2/28 22:00から
bitbank-
VCTRADE××2/28から3/3
GMOコイン××2/27から
Huobi××3/1 2:00から
BTCBOX××2/27 12:00から
BITPoint××2/28 16:00から
DMM Bitcoin××3/1 0:00から3/1 8:00
Zaif-
Coincheck××ハードフォーク1時間前から
みんなのビットコイン-