ニュース

【更新】国内仮想通貨交換所、GWの10連休も仮想通貨取引はほぼ通常通り可能

金融機関の休業により日本円入出金は制限されるため注意

(Image: Shutterstock.com)

 4月27日から5月6日の大型連休に向けて、国内の仮想通貨交換所は期間中の対応について発表している。交換所によって細かな対応は異なるが、共通項として同期間中は国内の金融機関が原則休業となるため、日本円の入出金は連休明けの5月7日に反映されることとなる。利用する金融機関および仮想通貨交換所がクイック入金に対応している場合、同期間中も入金できる場合がある。

 4月18日時点で、以下の仮想通貨交換所がゴールデンウィークの対応を発表している。

  • bitFlyer(4/18更新)
  • Liquid by Quoine
  • bitbank
  • VCTRADE(4/18更新)
  • GMOコイン
  • Huobi(4/18更新)
  • BTCBOX
  • DMM Bitcoin
  • フィスコ仮想通貨交換所

 各交換所から発表済みの対応内容を以下にまとめる。

bitFlyer

 bitFlyerは4月27日から5月6日の期間、「日本円の入出金」「本人確認の手続き」を休止する。

 同期間中も「日本円のクイック入金」「仮想通貨の入出金」「仮想通貨の取引」「仮想通貨のレバレッジ取引」「カスタマーサポート」は利用可能とのこと。

GWの対応スケジュール(bitFlyer 公式サイトより引用)

Liquid by Quoine

 Liquid by Quoineは4月27日から5月6日の期間、「日本円の入出金」「本人確認の手続き」を休止する。

 同期間中も「日本円のクイック入金」「仮想通貨の取引」「仮想通貨の入出金」「新規口座の登録申請」「カスタマーサポート」は利用可能とのこと。

GWの対応スケジュール(Liquid by Quoine 公式サイトより引用)

bitbank

 bitbankは4月27日から5月6日の期間、「カスタマーサポート」「日本円の入出金」「本人確認の手続き」「アカウントに関わる手続き」を休止する。

 同期間中も「仮想通貨の取引」「仮想通貨の入出金」は利用可能とのこと。

VCTRADE

 VCTRADEは4月27日から5月6日の期間、「カスタマーサポート」「口座開設審査」「日本円の出金」「仮想通貨の出金」を休止する。

 同期間中も「日本円のクイック入金」「仮想通貨の取引」「仮想通貨の入金」は利用可能とのこと。また、同期間中のみ利用可能な緊急連絡用メール窓口を開設するとのこと。詳細は公式サイトをご確認いただきたい。

GMOコイン

 GMOコインは4月27日から5月6日の期間、「カスタマーサポート」「口座開設審査」「日本円の入出金」を休止する。ただし、5月1日のみ9時から17時の間、「カスタマーサポート」「口座開設審査」が利用可能とのこと。

 同期間中も「日本円のクイック入金」「仮想通貨の取引」「仮想通貨の入出金」は利用可能とのこと。なお、5月1日15時から16時の間、メンテナンスを実施するとしている。

Huobi

 Huobiは4月27日から5月6日の期間、「日本円の入出金」「カスタマーサポート」「口座開設審査」を休止する。なお、4月24日から4月26日の期間、日本円の出金額によって対応が細かく異なる。詳細は公式サイトをご確認いただきたい。

 同期間中も「日本円のクイック入金」「仮想通貨の取引」「仮想通貨の入出金」は利用可能とのこと。

BTCBOX

 BTCBOXは4月27日から5月6日の期間、「本人確認の手続き」を休止する。また、同期間中「日本円の入金」「仮想通貨の出金」は12時間以内に順次反映、「日本円の出金」は翌日までに振り込み処理となる。

 同期間中も「仮想通貨の取引」「仮想通貨の入金」「カスタマーサポート」は利用可能とのこと。

GWの対応スケジュール(BTCBOX 公式サイトより引用)

DMM Bitcoin

 DMM Bitcoinは4月27日から5月6日の期間、「日本円の入出金」「本人確認の手続き」「電話でのカスタマーサポート」を休止する。

 同期間中も「仮想通貨の取引」「仮想通貨の入出金」「電話以外のカスタマーサポート」は利用可能とのこと。

フィスコ仮想通貨取引所

 フィスコ仮想通貨取引所は4月27日から5月6日の期間、「カスタマーサポート」「日本円の入出金」「仮想通貨の出金」「アカウントに関わる手続き」を休止する。

 同期間中も「仮想通貨の取引」「仮想通貨の入金」は利用可能とのこと。