ニュース

ブロックチェーン活用の修了証明書をグロービス経営大学院が発行開始

国内の公認教育機関として初。日本語MBA修了生向けに2019年7月より提供予定

(Image: Shutterstock.com)

 MBA(経営学修士)プログラムを開講する学校法人グロービス経営大学院は5月13日、ブロックチェーン技術を活用したデジタル修了証明書の発行を開始することを発表した。2019年7月より、同学の日本語MBAプログラム卒業生向けに試験的に対応を開始するという。文部科学省認可の学位を授与する教育機関として、ブロックチェーン技術を活用した修了証明書を発行することは、国内初の取り組みになるとのこと。

 同学が発行予定のデジタル修了証明書は、卒業生のデータをブロックチェーンに記録することで耐改ざん性を高める。発行したデジタル修了証明書はデータとしてスマホアプリやPCで保管・閲覧することができ、同アプリや認証サイトを通じて真正性を確認可能とのこと。また、データ送付可能であるため、海外にいる卒業生も発行の申請後、即座にデジタル修了証明書を受け取れるという。

ブロックチェーン修了証明書の表示画面と認証のイメージ図。修了証明書の真正性をスマホアプリから確認できる(グロービス経営大学院の発表資料より引用)

 デジタル修了証明書の発行は、ブロックチェーン証明書発行システムを開発する株式会社Credentia Blockchain Technologies(以下、Credentia社)とグロービス経営大学院2016期生の関根孝一氏が協働して実施するとのこと。グロービス経営大学院が、卒業生の情報を元に、Credentia社のシステムを用いてブロックチェーン修了証明書を発行するという。

 グロービス経営大学院は、日本語および英語のMBAプログラムを開講するビジネススクール。東京・大阪・名古屋・仙台・福岡の主要5都市にキャンパスを構える他、オンラインでもプログラムを提供している。2019年4月に日本語MBAプログラムの入学生は902名を数え、国内最大のビジネススクールであるという。

お詫びと訂正: 記事初出時、グロービス経営大学院の2019年4月までの「修了生は902名」と記載しておりましたが、正しくは「入学生は902名」となります。お詫びして訂正させていただきます。