ニュース

JCBA、新会長にbitbankの廣末氏を選任

副会長はBITPointの小田氏とbitFlyer Blockchainの加納氏が就任

一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会(JCBA)は6月25日、2019年度の理事・監事の選任を行い、代表理事を改選したことを発表した。新たな代表理事(会長)は、ビットバンク株式会社・代表取締役の廣末紀之氏が務める。副会長には、株式会社ビットポイントジャパン・代表取締役の小田玄紀氏、株式会社bitFlyer Blockchain・代表取締役の加納裕三氏が就任した。

JCBA会長に就任したビットバンク株式会社・代表取締役の廣末紀之氏

JCBAが6月26日に開催した勉強会では、25日に開催した理事会により、満場一致で廣末氏が会長に選ばれたことが報告された。2018年度JCBAの会長を務めた株式会社マネーパートナーズ・代表取締役の奥山泰全氏は、今回代表を辞退した。奥山氏は今年度も同じく業界団体である日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)の会長を務めるため、業務量の兼ね合いとのこと。奥山氏は今年度JCBAでは理事を務める。