ニュース

Tポイントでビットコインが交換可能に。bitFlyerと業務提携し提供開始

ビックカメラなどのBTC決済でTポイント付与サービスも

bitFlyerとTポイントでできること

bitFlyerとTポイントジャパンは8月20日、業務提携し仮想通貨交換所bitFlyerでTポイントが利用可能となる「Tポイントプログラム」の提供を開始した。Tポイントを使ってBitcoin(BTC)を入手することが可能となり、ビックカメラ、ヤマダ電機など、特定の加盟店でのBitcoin決済時にTポイントが付与される。数千万人規模の大手共通ポイントから仮想通貨への交換は国内初の取り組みとなる。

TポイントプログラムはbitFlyerの新機能として提供される。同交換所のアカウントにTカードをひも付ける形で利用する。Tポイントは100ptにつき85円相当のBitcoinへ交換することができる。また、加盟店でbitFlyerウォレットを用いてBitcoin決済を行うと、500円ごとにTポイント1ptが付与されるとのこと。ビックカメラ全店、ヤマダ電機やHIS、湘南美容クリニックの一部店舗などが対象となるが、詳細はbitFlyerが公開する対象加盟店一覧をご確認いただきたい。

TポイントのBitcoinへの交換画面

Tポイントの会員数は今回の発表時点で6961万人とされており、Ponta、楽天、dポイントと並び称される国内最大の共通ポイントサービスの1つである。今回両社が実施するのは、多数の利用者を抱える共通ポイントサービスを、仮想通貨保有の契機とする方策だ。仮想通貨の今後の課題の1つに、一般層をいかに取り入れるかというオンボーディングがある。どれだけ価値があっても、広く普及しなければ通貨として機能しないからだ。

一般層には、価値が不安定な仮想通貨のために現金を使うことに抵抗を覚える人も少なくない。一方でTポイントに限らず、共通ポイントは貯める一辺倒で埋蔵金化させているユーザーも多い。そうした埋蔵ポイントを仮想通貨に交換して、「とりあえず仮想通貨を持ってみる」というのは選択肢の1つになり得る。埋蔵ポイントならただ埋もれているだけだが、仮想通貨として持っていれば埋蔵している内に価値が上がる可能性もあるのだ。

bitFlyerは金融庁による業務改善命令を解除され、7月3日より新規ユーザーの受け入れを再開している。Tポイントプログラムの提供開始に合わせ、新規にbitFlyerのアカウントを作成し、同サービスの利用手続きを終えたユーザー向けに抽選で総計10万ptのTポイントを贈るキャンペーンも開催している。