ニュース

金融庁・日経新聞主催「FIN/SUM 2019」9月3日から開催。黒田日銀総裁や麻生金融相も登壇

仮想通貨 Watchはメディアパートナーとして協力

日本経済新聞社と金融庁は9月3日から6日までの4日間、フィンテックの活用をテーマに議論を行う国際イベント「FIN/SUM(フィンサム) 2019 Fintech & Regtech Summit」を東京・丸の内の丸ビルにて開催する。グローバルに活躍する有識者が登壇し、「新しい成長の源泉を求めて」をコンセプトに、キャッシュレスや暗号資産(仮想通貨)がもたらす新たな社会の姿や課題解決など、フィンテック実装社会の未来を議論する。

4回目の開催となる今年の「FIN/SUM 2019」では、フィンテックを始め、金融に関する規制対策や対応コストをテクノロジーで軽減させる「レグテック」(RegTech:Regulation+Technology)についても議論を行う。また、国内外のスタートアップや大学生によるピッチコンテストの開催も予定している。

イベントには、初参加となる黒田東彦日銀総裁が登壇するほか、麻生太郎副首相・財務相・金融担当相、根本匠厚生労働相、遠藤俊英金融庁長官らも登壇する。

チケットの購入やスタートアップピッチコンテス参加応募については、すでに公式ウェブサイトにて受け付けている。


    <イベント概要>
    名称:FIN/SUM 2019 Fintech & Regtech Summit
    期間:9月3日(火)から 6日(金)(4日間)
    会場:丸ビル(東京・丸の内)
    主催:日本経済新聞社、金融庁
    後援:日本銀行、経済産業省(予定)、東京大学、フィンテック協会、キャッシュレス推進協議会
    特別協賛:三菱地所
    協賛:SBIホールディングス、NEC、マスターカード、三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、EY Japan、農林中央金庫、野村ホールディングス、MS&ADインシュアランスグループ、アフラック生命保険ほか