ニュース

Microsoftが検索エンジン「Bing」で仮想通貨広告を禁止に

「Bing Ads」の公式ブログ

 米Microsoftは5月14日(現地時間)、同社の検索エンジン「Bing」の広告掲載ポリシーを変更することを「Bing Ads」公式ブログにて発表した。6月以降、仮想通貨および関連商品の広告を禁止する意向だ。

 同社は禁止の理由として、仮想通貨に対する規制が不十分である現状では、悪質な業者による略奪などの行為や、消費者が詐欺に遭う可能性を防ぐことができないリスクを挙げる。「Bing」における今回の広告掲載ポリシーの変更は、国や地域に関係なく、すべての仮想通貨および関連商品やサービスポリシーに適用され、6月下旬から7月上旬には施行されるとのこと。

 なお、仮想通貨関連の広告は、1月にFacebook、3月にGoogleとTwitterが相次いで禁止もしくは厳しいルールの設定を発表しており、今回のMicrosoftの発表はそれに追随するかたちだ。