ニュース

米国証券取引委員会が仮想通貨詐欺への注意喚起 ~偽ICOサイトを公開

偽仮想通貨「HoweyCoins」のICOサイト

 米国証券取引委員会(SEC)は5月16日(現地時間)、ICO詐欺への注意を促すことを目的として、偽物の仮想通貨「HoweyCoins」のICOサイトを公開した。同サイトにだまされて「Buy Coins Now!」をクリックしても仮想通貨は購入できず、投資家向けにSECが運営する投資の教養サイト「Investor.gov」が表示される。

 偽サイト「HoweyCoins」にはICO詐欺に共通する要素として、投資機会が複雑で不明瞭なホワイトペーパー、投資への見返りを保証する文言、取引終了までのカウントダウンタイマーなどが用意されている。SECはこのサイトを短時間で作ることができたことから、誰かが詐欺を働くことがいかに簡単であるかということを示し、ICO詐欺への注意喚起を実施することにしたとのこと。

 なお、投資の教養サイト「Investor.gov」では、詐欺かどうかを判断するために役立つ危険信号(red flags)についても詳しく解説している。例えば有名人が「良い投資」だと言っていても適切な投資案件とは限らないこと、仮想通貨は米国連邦証券取引法の「有価証券」であるため「SEC準拠」ではなく、連邦証券取引所として登録されている必要があること、免許を有する登録済み投資会社のほとんどはクレジットカードの使用を認めていないことなどが挙げられている。