ニュース

bitFlyerが競技プログラミングコンテスト「codeFlyer」を開催、ブロックチェーン分野の出題など ~年俸1,200万円オファーの可能性も

 仮想通貨交換業のほか、独自のプライベート・ブロックチェーン技術「miyabi」を開発するbitFlyerは5月23日、競技プログラミングコンテスト「codeFlyer」の開催を発表した。プログラミングの正確さとスピード、アルゴリズムの構築力を競う。本戦上位5名には、最高10万円の賞金を現金、もしくは賞金額相当のビットコインのいずれか希望する方で授与するとのこと。

 bitFlyer代表取締役の加納 裕三氏は「出題はbitFlyerのエンジニアが監修し、ブロックチェーン分野に特有の出題も含まれる。今回の取り組みで天才エンジニアを採用したい」としている。

 また、同社は「codeFlyer」の開催目的を、学生や社会人を問わず優秀なエンジニアと出会うこととしており、本戦上位者には、同社へ就職するための「書類選考通過パス」「最終面接確約パス」「内定確約パス」などの一次選考プロセスを通過できる権利が進呈される。さらに、「codeFlyer」の本戦出場者から同社へ入社が決定した人には別途、自己研鑽費用として50万円が支給される。

 予選は6月2日21時から23時に「AtCoder」を利用してオンラインで、本戦は6月30日13時から19時まで東京都六本木の同社オフィスにて行われる。詳細は同社公式サイトにあるcodeFlyerの案内ページを参照されたし。

 bitFlyerの今回の取り組みは、仮想通貨・ブロックチェーン分野が「天才プログラマーを必要としている」ことをプログラマーたちに広める意味でも興味深い取り組みといえるだろう。今の世の中を動かしている大きな要素がソフトウェアだが、その最先端分野の1つが仮想通貨・ブロクチェーン分野なのだ。

 なお、同社は2018年4月に「レジェンド級」のソフトウェア開発者といえるTom Love氏(Objective-C言語の共同開発者)を顧問として迎えており、これも優秀なプログラマーを採用するための取り組みの一環とみることもできる。