ニュース

富士通が地域活性化促進の「ブロックチェーンアセットサービス」を販売開始 〜クーポンの内容や取引記録、利用可能な地域や期間をブロックチェーンで管理可能

プレスリリース(富士通)

 富士通は6月6日、ブロックチェーンを活用するクラウドサービス「FUJITSU Intelligent Society Solution ブロックチェーンアセットサービス」の販売を開始した。同社では、ブロックチェーンを活用したデジタルなスタンプラリーを千葉県千葉市などと共同で実証実験してきたという。ポイントやスタンプ、クーポンなどの内容、取引記録、利用可能な地域や期間をブロックチェーンのアセット管理機能で定義できるため、特定地域の店舗や商業施設における集客率の向上や購買意欲の増進につなげるなど、地域活性化に効果的な集客施策を立てやすくなるという。

本サービス利用による店舗・施設での集客施策イメージ(同社プレスリリースより引用、以下同)

 店舗や商業施設などに設置したQRコードを利用者のスマートフォンなどで読み込ませることで、ポイントやスタンプを付与でき、そのポイントは特定地域内で利用できる特典やクーポンに変換できるとのこと。ブロックチェーンに記録されるポイントやスタンプ、クーポンなどの取得・使用データは、利用者とひも付けて分析できるという。利用者の行動データと個人を特定しない範囲での属性データ、年齢や性別などから、好みや行動などの詳細な分析も可能。ポイントやスタンプの流通量、クーポンの利用状況を可視化することもできる。

利用状況のイメージ

 なお、本サービスは、幕張メッセで6月13日から15日まで開催される「Interop Tokyo 2018」に出展されるとのこと。