ニュース

GMOコインがサッカーJ3「FC琉球」のスポンサーに ~J2昇格の暁にはボーナス10BTC贈呈

 仮想通貨交換所のGMOコイン株式会社は6月20日、サッカーJ3リーグの「FC琉球」と2018シーズンクラブパートナー契約を締結したことを発表した。今シーズン、FC琉球のスポンサーとして、クラブをサポートしていく。

 GMOコインはFC琉球のサポートを通し、仮想通貨交換所としての事業認知の拡大、沖縄県の地域発展、豊かなスポーツ文化の振興を目指すという。新たな取り組みとして、FC琉球への協賛金は、Bitcoin(BTC)にて支払われる。また沖縄でのサッカーの振興と、FC琉球のさらなる活躍を奨励するために、J2に昇格した際には、ボーナスとして別途「10BTC」が贈呈されるとのこと。

 また、FC琉球のホームゲーム時には、横断幕やゴール裏アドボードにてGMOコインの看板を掲示するほか、ブロックチェーン技術を活用したファン・サポーター向けサービスの開発なども検討をしているとのこと。

サッカークラブ「FC琉球」

 2003年発足のFC琉球は、沖縄県沖縄市をホームタウンとするJ3リーグ所属のプロサッカークラブ。「沖縄県民に愛され誇りとなれるクラブ作り」を目標に、沖縄県民とサポーターとともに「J2昇格」、そして「J1昇格」を目指している。