ニュース

仮想通貨交換所「GMOコイン」が会員に登録情報の確認と再登録を呼びかけ ~マネー・ロンダリングやテロ資金供与対策が目的

 仮想通貨交換所「GMOコイン」を運営するGMOコイン株式会社は7月4日、資金洗浄(マネー・ロンダリング)やテロ資金供与対策を目的とした「犯罪による収益の移転防止に関する法律」に基づき、氏名・住所・生年月日・取引目的・職業などの登録情報に変更があった場合には、速やかに変更届出を行うよう会員に呼びかけた。

 GMOコインは、7月4日から取引目的や職業の選択肢を拡充しており、過去に「その他」を選択した会員に対して確認・再登録するように依頼している。登録内容に不備や疑義などがある場合や、GMOコインからの個別照会に応じない場合は、取引制限を行う場合があるとのこと。

 登録情報の変更は、ログイン後の会員ページ[口座情報]の[登録情報・変更]から[基本情報]メニューで行う。