ニュース

加入保険一括管理アプリ「iChain保険ウォレット」、保険情報を家族と共有可能に

国内ほぼすべての保険商品に対応

「iChain保険ウォレット」アプリのホームカテゴリ画面(左)とシェア機能画面(右)

 iChain株式会社は8月13日、加入保険を一括管理できるスマートフォンアプリ「iChain保険ウォレット」をアップデートし、同日よりバージョン1.1の無料配信を開始した。これまでの「自動車保険」「生命保険」「医療保険」「ペット保険」に加えて、「家財保険」にも対応し、ほとんどの国内保険会社が扱う保険商品の登録が可能になったという。また、家族と情報を共有するシェア機能など、新機能も追加されている。

 アプリでは、ユーザーの加入している保険の商品名、契約者、保証対象者、保険料、保険期間などの基本情報、および保険証券のイメージ(証券の画像)の登録、閲覧ができる。バージョン1.1では、自身の登録している保険情報を、家族と共有することが可能になった。共有した家族の「iChain保険ウォレット」の保険一覧に、自身の加入保険が表示され、「もしも」の場合、加入者の家族が保険会社に連絡することができるという。

 また、様々なイベントの通知機能も新たに搭載。iChainからの新サービスやシステムメンテナンスなどの案内通知を始め、保険契約満了時期を知らせるアラートの設定も可能だ。

 iChainは、保険事業分野におけるブロックチェーン技術の早期適用を目指している。「iChain保険ウォレット」や、同社が開発する保険事業者向けブロックチェーンプラットフォーム「iChain Base」の実用化など、保険事業分野への新技術の導入を推進している。そちらについては、関連記事の「iChainが保険事業者向けにインシュアテック(保険+テック)領域でのブロックチェーン技術検証を実施」でも紹介しているので、併せて読んでいただきたい。

通知画面(左)とホットライン画面(右)