ニュース

GMO、独自の円ペッグ仮想通貨を2019年度に発行

日本円連動ステーブルコイン「GMO Japanese YEN」をアジア地域で展開へ

 GMOインターネット株式会社は10月9日、2019年度を目処にアジア地域で日本円連動のステーブルコイン(円ペッグ通貨)の「GMO Japanese YEN」(GJY)を発行する予定であることを発表した。同社は仮想通貨事業の「交換」「マイニング」の領域には参入済みであり、次は「決済」領域への参入を見据えてステーブルコインの発行に向けた準備を本格的に開始したとのこと。

 ステーブルコインは一般的な仮想通貨と異なり、交換レートが法定通貨等と1対1に固定されているため、価格変動(ボラティリティ)が安定している点が特徴となる。「GMO Japanese YEN」(GJY)は、日本円連動のステーブルコイン(円ペッグ通貨)であるため、価値が日本円に裏付けられることになる。現在、世界には57種類のステーブルコインが存在し、ステーブルコインの中で最も取引量の多い「Tether」は、全仮想通貨の中でBitcoinに次ぐ取引量があるとのこと。ステーブルコインの総時価総額は約3414億5231万円に上るという。