ニュース

Ethereum上のDappsを直接起動できるウォレットアプリ「GO! WALLET」iOS版、スマートアプリ社がリリース

「くりぷ豚」「CryptoKitties」「Etheremon」など有名Dappsに対応

 スマートフォン向けブロックチェーンプラットフォーム事業を展開する株式会社スマートアプリは10月15日、仮想通貨Ethereum(ETH)特化として同社が開発するWebブラウザー連動ウォレットアプリ「GO! WALLET」のiOS版をリリースしたことを発表した。同アプリはEthereumウォレット機能のほかに、Ethereumのブロックチェーン上で動作するDapps(分散型アプリ)へのアクセスを容易にするメニュー機能を搭載する。今回公開されたiOS版は、日本語のみのサービス提供になるが、今後はグローバル対応を行うほか、Android版の公開も予定していることを明らかにした。

 「GO! WALLET」はEthereumを管理することができるウォレットアプリで、個人情報を一切登録せずに利用可能であるのが特徴。ウォレットは秘密鍵がスマートフォン端末アプリ内のみに保存されるため、高セキュリティであるとスマートアプリ社は謳う。また、Ethereumのブロックチェーンを利用するDappsゲームやアプリがすでにディレクトリーメニュー「GO! MENU & HOME」に登録されているため、「GO! WALLET」から直接それらのサービスにアクセスして起動することができる。仮想通貨交換所の自分の口座などから「GO! WALLET」のウォレットアドレスにEthereumを送金することで、すぐにプロックチェーンゲームなどを楽しむことが可能になる。

実際のアプリ画面

 同アプリのディレクトリーメニュー「GO! MENU & HOME」に登録されているゲームやアプリは、スマートアプリ社とアプリ開発会社とが相互送客を狙う「メディア・Dappsパートナープログラム」によってパートナーシップを結んだものであり、すでに主要なDappsの登録が完了している。現在、メニューには国産ブロックチェーンゲームとして話題になった「くりぷ豚」や世界で最も有名なDappsゲーム「CryptoKitties」、イーサモンスターを捕まえる「Etheremon」など有名なDappsが名を連ねる。同社は、今後もパートナーを増やしメニューの拡充を図っていく計画とのこと。

「GO! MENU & HOME」Dapps一覧
アプリから「くりぷ豚」を起動中

 スマートアプリ社は今後、「GO! WALLET」を中心にしてブロックチェーン上で提供される全世界のアプリ・ゲームとユーザーを結ぶマーケティングプラットフォームを構築していく計画とのこと。技術面においては、サイドチェーンなどブロックチェーンの新技術についても随時対応する予定であることを表明している。