ニュース

Aerial Partnersとfreeeが業務提携、仮想通貨の損益計算・確定申告をオンライン完結するサービス開発へ

freeeは同日にSlackとの連携発表、勤怠打刻・年末調整・給与明細の通知がSlackで受け取り可能に

 株式会社Aerial Partnersとfreee株式会社は11月6日、両社が業務提携したことを発表した。両社のツールをシームレスに連携し、仮想通貨の損益計算から確定申告までをオンラインで完結できるサービスの開発に着手したという。

 Aerial Partners社の個人向け仮想通貨損益計算ソフト「Gtax」と、freee社の会計ソフト「クラウド会計ソフト freee」のシームレスな連携機能により、所得税の確定申告だけではなく、仮想通貨の損益計算と確定申告書の作成までをオンラインだけで実施できるようになるとのこと。

 「Gtax」が各仮想通貨交換所データの自動取得、仮想通貨の損益計算の自動化、仕訳データの作成を担う。「クラウド会計ソフト freee」が申告書の作成、税理士に申告をまかせる新プラン「会計freee × Gtaxプラン」、マイナンバーカードを利用したオンライン上での電子申告を担う。

 なお、freee社が仮想通貨の確定申告向けに提供する「会計freee for 仮想通貨」については現在、申し込みを受け付けておらず、再開時期も未定となっている。

 また、同日にfreee社は、同社の人事労務ソフト「人事労務freee」が「Slack」と連携することも発表した。「Slack」と「クラウド会計ソフト freee」とはすでに連携しており、「人事労務freee」とも連携することで、勤怠打刻や年末調整、給与明細の発行通知などの受け取りがSlackで可能になるという。