ニュース

仮想通貨交換所GMOコイン、仮想通貨FXサービスでBCH/JPYの新規注文の再開へ

Bitcoin Cashハードフォークによる相場急変に備えていたが12月4日12時に規制解除

 仮想通貨交換所「GMOコイン」を運営するGMOコイン株式会社は12月3日、仮想通貨FXサービスにおけるBCH/JPYの新規注文を再開する見通しについて発表した。12月4日の12時に規制を解除し、新規注文を再開する予定であるとのこと。

 GMOコインでは、11月16日未明のBitcoin Cash(BCH)ハードフォークにより、仮想通貨FXサービスで相場が急変することを危惧していた。そのため、11月15日の18時から12月4日の12時まで、仮想通貨FXサービスにおけるBCH/JPYの新規注文を規制し受付を中止していた。

 同交換所の仮想通貨FXサービスでは、Bitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)、Bitcoin Cash(BCH)、LiteCoin(LTC)、XRPのレバレッジ取引を行うことができる。記事執筆時点では、BTC/JPYのみ10倍、それ以外のETH/JPY、BCH/JPY、LTC/JPY、XRP/JPYは5倍のレバレッジとなる。