ニュース

Liquid by Quoine、ICORatingセキュリティレポートで国内仮想通貨交換所として最高評価を獲得

1日取引額10万ドルを超える135社を対象にした調査結果より

 仮想通貨交換所「Liquid by Quoine」を運営するQUOINE株式会社は1月7日、仮想通貨マーケットの分析研究を行う独立評価機関ICORating社の仮想通貨交換所セキュリティレポート「Exchange Security Report V 2.0」にて、国内の仮想通貨交換所の中で最高評価を獲得したことを発表した。グローバルランキングでは135社中22位に、セキュリティ総合評価では「B+」と格付けされた。

 ICORating社は仮想通貨マーケットに関する調査を行い、投資家に情報を提供する独立調査機関。市場におけるトークン販売、仮想通貨交換所、ファンド(ICO、STO等)、関連メディアの市場への影響力等、第三者機関として仮想通貨マーケットに関する幅広い情報を収集・提供している。

 ICORating社が今回公開したExchange Security Report V 2.0は、世界各国の200を超える仮想通貨交換所のうち、1日の取引額が10万ドル(USD)を超える交換所135社を対象に調査した結果となる。同社は、2018年10月にも同様のレポートを公開しているが(前回は「bitbank」が最高評価を獲得)、今回の調査ではほとんどの評価方法が見直され、セキュリティに関しては前回調査では含まれていなかった既知の攻撃からのチェック項目も追加されたという。

 今回のレポートは、以下の4つのセクションで構成されている。

  • ユーザーセキュリティ
  • ドメインとレジストラのセキュリティ
  • Webセキュリティ
  • DoS防御

 各セクションについては最大で、ユーザーセキュリティが17ポイント、ドメインとレジストラのセキュリティが18ポイント、Webセキュリティが57ポイント、DoS攻撃防御が8ポイントとなる評価方法を策定し、総合得点100点満点になるよう各仮想通貨交換所の採点を行っている。

 その結果、グローバルランキングで1位を獲得したのが「Kraken」(米国)、2位「Cobinhood」(台湾)と続く。2社はいずれもセキュリティ総合評価による格付けは「A」である。今回、最高評価となる「A+」評価に該当する仮想通貨交換所はない。国内における仮想通貨交換所は前述の「Liquid by Quoine」の22位「B+」が最高位、以下、43位「bitbank」が「B+」、54位「bitFlyer」が「B」、119位「Fisco」が「C+」、124位「Zaif」が「C」、127位「BTCBOX」が「C」というランキングおよび格付け結果となった。

 なお、グローバルランキング全体の格付け評価分布は、以下のグラフの通り。「A」以上の評価を獲得した仮想通貨交換所は、全体の16%程度である。

ICO Rating社公開資料より引用