ニュース

仮想通貨交換所Liquid by Quoine、レバレッジ取引の最大倍率を25倍から4倍に自主規制へ

5月15日より金融庁認定の仮想通貨自主規制団体が定める値を採用

(Image: Shutterstock.com)

 仮想通貨交換所「Liquid by Quoine」(リキッドバイコイン)を運営するQUOINE株式会社は3月22日、仮想通貨レバレッジ取引の最大倍率を従来の25倍から4倍に変更する方針を明らかにした。5月15日の11時以降、レバレッジ倍率が4倍を超える未約定注文の強制キャンセル、ポジションの強制クローズを実施し、新規発注時の最大レバレッジ倍率が4倍になる。

 金融庁認定の仮想通貨自主規制団体である一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)に同社も会員社として所属しており、同協会が規則で定めるレバレッジ倍率の値を採用するための変更とのこと。