ニュース

毎日新聞社「毎日新聞 Blockchain Lab.」発足、ブロックチェーンによるジャーナリズムの信頼基盤を構築

ブロックチェーンスタートアップのGaudiy社と共同研究

 株式会社Gaudiyと株式会社毎日新聞社は1月22日、ブロックチェーン技術に関する研究、開発を目的とした共同研究を開始した。毎日新聞社は同日、ブロックチェーン技術を基盤とするサービスやジャーナリズムへの応用について研究・開発をする「毎日新聞 Blockchain Lab.」(毎日新聞ブロックチェーン・ラボ、以下MBL)を発足。併せて、MBLの技術顧問として、Gaudiy社・代表取締役社長の石川裕也氏が就任したことを発表した。

 MBLは、ブロックチェーン技術により情報の信頼基盤を築き、ジャーナリズムの健全な発展と公正な社会のバランスに寄与することを目指す。共同研究のパートナーであるGaudiy社は、ブロックチェーン技術の研究開発やプロダクト開発、コンサルティング事業を行うスタートアップ企業。コミュニティとブロックチェーンを掛け合わせたアプリ「Gaudiy」の開発や、簡単にトークンエコノミーの実装を可能にする「Gaudiy Blockchain protocol」プロトコル開発等を行っている。

 今後、MBLではブロックチェーン技術に関連した情報収集等のサービスの研究・開発を行うことを目的に活動していく。調査・研究を踏まえた将来的なプロダクト開発を通じ、ジャーナリズムの健全な発展とより良い社会のバランスに寄与することを目指すという。