ニュース

認定仮想通貨交換業者が社名変更、ビットアルゴ取引所東京がTaoTao株式会社に

ヤフーグループと協業して仮想通貨交換所の開設を準備

(Image: Shutterstock)

 株式会社ビットアルゴ取引所東京は2月4日、社名をTaoTao株式会社に変更したことを明らかにした。ビットアルゴ取引所東京は、2017年12月1日に金融庁より仮想通貨事業者登録(関東財務局 登録番号 第00011号)を受けた。2018年4月13日には、ヤフー株式会社の100%子会社であるZコーポレーション株式会社との資本業務提携を発表。ヤフーグループと協業し、日本国内で仮想通貨交換所を開設するための準備を進めている。

 なお、ヤフーグループのZコーポレーション社の100%子会社であるN.Avenue(エヌアベニュー)株式会社は、仮想通貨・ブロックチェーンに関する大手Webメディアの日本語版「CoinDesk Japan」を2019年3月に創刊する。CoinDesk Japanは、CoinDeskのニュースや仮想通貨の価格情報を翻訳するだけではなく、日本独自での記事配信、ヤフーグループのサービスとの連携を検討しているとのこと。

 2019年は、ヤフーグループの仮想通貨・ブロックチェーンに対する取り組みが注目される1年となりそうだ。