ニュース

モナコインマイニングプールのVIPPOOL、仮想通貨関連システム開発向けOSS2種を公開

Web API経由でPythonを用いてブロックチェーンを扱うアプリケーション

(Image: Shutterstock.com)

 仮想通貨Monacoin(MONA)のマイニングプールを運用する株式会社VIPPOOLは3月19日、ブロックチェーン技術を活用したシステム開発向けのオープンソースソフトウェア「VIPPOOL clerk」を公開した。同時に、同ソフトウェアを容易に活用するためのPythonライブラリ「VIPPOOL storage」もオープンソースで公開している。両ソフトウェアを活用することで、仮想通貨関連システムの開発を簡単に行えるとのこと。

 「VIPPOOL clerk」は、Googleが提供するGoogle App Engineプラットフォームで動作する、ブロックチェーンの情報取得・トランザクション作成の補助を行うアプリケーション。ブロック情報、トランザクション情報、コインアドレスごとの残高推移をRDB(関係データベース)に記録して扱うことができ、帳簿アプリなどの作成が可能になるという。また、電子署名の作成をクライアント側で行うトランザクションの作成機能を持つ。秘密鍵の漏洩の可能性をなくすことができるという。

 「VIPPOOL clerk」はWeb API形式で機能を提供するサーバーサイドアプリケーションとなる。モナコイン向けマイニングプールVIPPOOLは、同ソフトウェアを稼働している。公開済みのAPIに接続することで、別途セットアップすることなく同ソフトウェアを利用可能とのこと。

 同時リリースの「VIPPOOL storage」は、「VIPPOOL clerk」を簡単に利用するためのPythonライブラリ。数行のコードで、モナコインの各種情報の取得や送金、任意データの書き込みと読み取りを行うことができる。両ソフトウェアを活用すればブロックチェーンの専門知識がなくとも、仮想通貨関連のシステム開発が可能になるとしている。

「VIPPOOL clerk」と「VIPPOOL storage」の利用イメージ図(プレスリリースより引用)

 VIPPOOLは、仮想通貨Monacoinの最も古くから稼働するマイニングプールで、当初個人事業として運営されていた。2018年7月、半導体メーカーの株式会社アクセルにより100%子会社化された。現在もマイニングプールの運用は継続している。同社サイト内「VIPPOOL開発者ブログ」では、同社のエンジニアが技術者向けの情報を公開している。