ニュース

bitbank、ビットコインキャッシュのハードフォークで誕生したBSVは日本円換算で対象者に還元へ

仮想通貨交換所として今後Bitcoin SVを取り扱うかは未定

(Image: Shutterstock.com)

 仮想通貨交換所「bitbank」を運営するビットバンク株式会社は3月22日、Bitcoin Cash(BCH)のハードフォークにより発生した新通貨Bitcoin SV(BSV)について、対象者にはBSV現物ではなく保有量相当額を日本円に換算して支払うと発表した。仮想通貨交換所として今後、BSVを取り扱うのかは未定とのこと。

 Bitcoin Cashは2018年11月16日、ハードフォークによりチェーンが分岐したため、チェーンやコミュニティがBitcoin ABCとBitcoin SVという2種類に分裂した。同社は同日1時40分頃に取得したスナップショットに基づき、対象者のBSV保有量相当額を日本円に換算してbitbank取引アカウントに付与する。Bitcoin ABCを既存通貨BCC(BCH)として扱うと表明していたが、新たに発生したBitcoin SV(BSV)の取り扱いについては保留にしていた。

 なお、今回の発表に先立ち、同社はハードフォークにより新しい通貨が発生した場合の対応指針を明らかにしていた。