ニュース

HashHub、新代表取締役CEOに平野氏が就任

「目指すべき世界へのフォーカスと、それを実行するために必要な体制変更」

新たにHashHub代表取締役CEOに就任する平野淳也氏(GBECリニューアル記念イベントより、2019年3月14日撮影)

 ブロックチェーン特化型のコワーキングスペース事業などを手がける株式会社HashHubは5月9日、同社代表取締役の交代を発表した。新たな代表取締役社長兼CEOには、これまで同社取締役COOを務めた平野淳也氏が就任する。

 代表取締役の交代について、新代表の平野氏は自身のTwitter上で「目指すべき世界へのフォーカスと、それを実行するために必要な体制変更」とコメントしている。また、同社は4月頃から、エンジニア、リサーチャーなどの人材募集を積極的に行っている。今後さらなる業容の拡大を計画しているとのこと。


 これまで同社代表取締役CEOを務めた東晃慈氏は「HashHubは平野氏とビール氏を中心とした新体制の下、組織は今までよりも進化していく」とコメントとしている。東氏は今後、ブロックチェーン関連のコミュニティ内での活動を継続していく共に、Bitcoin関連で新たな取り組みを検討するとのこと。また、氏自身の活動拠点を海外中心に移すことも明らかにした。