ニュース

マネーパートナーズグループ、仮想通貨の交換業登録準備中のコイネージを子会社化

仮想通貨交換所サービスは2020年4月を目標に開始予定

株式会社マネーパートナーズグループは6月14日、仮想通貨交換業の登録準備中であるコイネージ株式会社を完全子会社化すると発表した。順調に進めば7月1日をもって、同グループの13年ぶりの子会社となる。将来的なブロックチェーン関連サービスの展開も視野に入れる。なお、5月予定とされていた仮想通貨交換業を専業とする子会社の設立は取り止めとなった。

コイネージは交換業の登録を予定通り完了できた場合、2020年4月を目標に仮想通貨交換所サービスを開始する。既に交換業の登録を完了している株式会社マネーパートナーズは、決済関連サービスを担う予定とされている。

なお、マネーパートナーズは、すでに資金決済法に基づく仮想通貨交換業の登録業者に認定されているが、仮想通貨利用の決済サービスの開始に至っていない。この背景として、同社既存のプリペイドカード決済サービスにて仮想通貨を利用できるように準備を進めているが、取引先である金融機関などが「マネー・ローンダリング対策強化の一環で仮想通貨の取り扱い自体を高リスク」として仮想通貨交換業者を取引相手から排除する動きがあり、同社の既存サービスへの悪影響が懸念されるためとしている。