ニュース

LINEの独自ブロックチェーン活用Q&A基盤Wizball、9月30日サービス終了

独自ポイントの交換申し込みは8月31日まで受付

Wizball 公式サイトより引用)

LINE株式会社は7月1日、同社が運営する独自ブロックチェーンを活用したQ&AプラットフォームWizballの提供を、9月30日に終了することを発表した。同サービス内で獲得したLink PointはLINEのサービス内で利用可能なLINEポイントへ交換することができるが、その申し込みの締め切りは8月31日までとなる。

Wizballは、同社独自のブロックチェーンLINK chainを活用し、知識を価値化するQ&Aプラットフォーム。LINK chainを活用した同社のトークンエコノミー構想の一端であった。ユーザーは質問への回答などで、独自ポイントであるLIN Pointを獲得する。獲得したLINK PointはLINEのサービス上で利用できるLINEポイントへ交換することができる。回答が多くの人に共有されるほど価値が高まり、獲得するポイントも増加するという。情報の価値化によるフェイクニュースの拡散防止などを目標としていた。