ニュース

「世界最速」新型ブロックチェーンをMUFGとAkamaiが共同開発 ~決済処理2秒以下、毎秒100万件超の取引が可能に

MUFGとAkamai合同のプレスリリース

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、MUFG)と、米Akamai Technologies(以下、Akamai)は5月21日、決済処理速度が2秒以下、毎秒100万件超の取引を可能とする「世界最速」の新型ブロックチェーンを開発したと発表した。2019年度以降のサービス提供を目指すとしている。

 この新型ブロックチェーンでは、Akamaiが世界130か国・3,800カ所以上の拠点に配備するサーバー群に合意形成を担う全ノードを配置することで、ノード間通信を高速化したとのこと。また、ノード内のブロック生成と検証処理を高速化、大容量化するための独自プログラムも開発したとのこと。

 これまでのブロックチェーン高速化の取り組みは、システムが継続して稼働できる能力(高可用性)を損ねたり、詳細な取引記録を残さないようなかたちで追求されてきた。今回、MUFGとAkamaiが共同開発した新型ブロックチェーンでは、ブロックチェーン本来のメリットを保持した上で、取引の高速化と大容量化を実現するものであるとのこと。