ニュース

GMOがハッシュレート最大33TH/sの最新マイニングマシン「GMOマイナー B3」の販売を開始

 GMOインターネットグループは7月2日、自社開発の高性能仮想通貨マイニングコンピューターの最新モデル「GMOマイナー B3」の販売を開始した。「GMOマイナー B3」は、6月に販売された「GMOマイナー B2」の後継モデルであり、ハッシュレートが最大33TH/s(テラハッシュ)へと大幅に性能が向上しながらも、初回出荷価格は前モデルと同様1,999ドル(USドル)。なお前モデルの購入者については、希望者には「GMO マイナー B3」への無償アップグレードを予定している。

 「GMOマイナー B3」の最大の特徴は、33TH/sという計算処理能力。これは1秒間に33兆回ハッシュ計算ができる処理能力で、前モデルの24TH/sという性能を大幅に上回っている。

 どちらのモデルも、同じ自社開発の7nm(ナノメートル)プロセス技術で量産された半導体チップ「マイニングASIC GMO72b」を搭載しているが、今回、以前より開発を予定していたマイニング効率を高める機能である、最適なハッシュパワーと消費電力の調整を可能にする「ハッシュパワー最適化機能」を前倒しで開発し「GMOマイナー B3」に搭載したところ、マイニング環境に応じて最大で33TH/sまで、最適なハッシュパワーを自動調整することが可能になったとのこと。

 なお、最大パワー33TH/sでの消費電力は3,417W、1TH/sあたり103Wとなるが、ハッシュパワーを抑えることで「GMOマイナー B2」と同様の1,950W、1TH/sあたり81Wでの稼働も可能とのこと。

 また「GMOマイナー B2」に実装されている最大32台のデイジーチェーン接続機能や、ソフトウェアオンラインアップデート、オンラインによる稼働状況監視機能、温度センサ搭載による温度異常を検知してハッシュスピードを自動調整するオーバーヒート防止機能、そのほかの付加サービスは、すべて踏襲されているそうだ。

 「GMOマイナー B3」は7月2日よりWebサイトにて、こちらも前モデル同様Bitcoin、Bitcoin Cash、USドルでの支払いが可能で、グループ会社のスイス法人GMO-Z.com Switzerland AGからの販売となる。出荷は、11月末より順次出荷を予定している。