ニュース

KDDIと日立がブロックチェーンと生体ID認証によるクーポン決済システムの実証実験を実施

指をかざすだけでクーポン決済できるように

 KDDI株式会社と株式会社日立製作所は7月25日、ブロックチェーンと生体ID認証を組み合わせたクーポン決済システムの実証実験を行うことを発表した。25日と26日の2日間、KDDI直営店のau SHINJUKUとミスタードーナツ高田馬場戸山口ショップで、指静脈認証のみによるユーザー登録と本人認証でクーポン決済する流れを検証する。なお実験対象に、一般利用者は含まれない。

 静脈パターンなどの生体情報は揺らぎが発生するため、毎回同じデータを取得できない。日立の公開型生体認証基盤「PBI(Public Biometrics Infrastructure)」技術では、その揺らぎを補正することで一意な秘密鍵を抽出し、公開鍵暗号方式に基づく電子署名を自動生成する。元の生体情報はどこにも保存されず、秘密鍵の管理も不要なため、漏えいリスクを最小化できるとしている。システムは、ブロックチェーンのオープンソース共同開発プロジェクト「Hyperledger Fabric」の環境上に構築される。

 ユーザーはまず利用開始時に、指をかざしてPBI情報を登録。その後は提携店舗であれば指静脈認証のみで、クーポン決済できるようになる。ユーザーの利用履歴はブロックチェーンに記録され、提携店舗に共有される。ユーザーは店頭で「スマートフォンを用意」「アプリを開く」「クーポンを提示」といった動作が不要になるため、従来よりクーポン利用の処理手順や時間が短縮されることが期待されている。