ニュース

博報堂、ブロックチェーン活用による新ビジネスの開発推進イニシアティブを発足

技術・開発企業や団体など社外パートナーと連携

 株式会社博報堂は9月19日、ブロックチェーン技術の活用やトークンコミュニティの形成に関連するビジネスやサービス・ソリューションの開発支援推進を図る「HAKUHODO Blockchain Initiative」(博報堂ブロックチェーン・イニシアティブ)の発足を発表した。ブロックチェーンの技術企業、システム・サービス開発企業、トークン設計コンサルティング企業、法律専門家や各種関連業界団体などの社外パートナーと連携を図っていくとしている。

 HAKUHODO Blockchain Initiativeは下記のような活動を通じ、ブロックチェーンを活用した新たなビジネス開発を推進する。

  1. ブロックチェーン技術の活用やトークンコミュニティの形成に関わる企業のビジネス開発、サービス開発の支援
  2. マーケティング領域におけるブロックチェーン技術の活用によるソリューション開発
  3. ブロックチェーンやトークン、ICOに関連したサービス、プロダクトのマーケティングノウハウの蓄積
  4. 本領域における調査・研究活動、および対外情報発信

 なお、博報堂DYグループでは、生活者の情報行動・購買行動や価値観などの意識データに先端テクノロジーを掛け合わせて開発した、独自のマーケティングデータ基盤「生活者DMP」(データ・マネジメント・プラットフォーム)を展開している。また、8月には株式会社NTTデータと協業開始の基本合意を発表しており、分散型台帳技術を活用したデータ監査基盤の構築を目指すとしている。