ニュース

金融庁「仮想通貨交換業等に関する研究会」第6回の資料を公開

「外部流出事案に対する対応」「交換業に係る各種行為と規制のあり方」など

 10月3日に開催された「仮想通貨交換業等に関する研究会」第6回の議事次第として、本研究会で配付された資料を金融庁が公開した。今回の会議では、テックビューロ株式会社が運営する仮想通貨交換所「Zaif」における「仮想通貨外部流出事案に対する対応」が金融庁から説明されたほか、仮想通貨を巡って顕著化している課題「交換業に係る規制」について、支払・決済手段、投機対象としての側面から議論された。

 なお、「仮想通貨交換業等に関する研究会」第6回のイベント詳細については、前編「金融庁が仮想通貨交換業に係る規制に関し議論、Zaifの仮想通貨外部流出事案も報告」、後編「金融庁が利用者保護や仮想通貨流出・倒産リスクなど交換業に係る規制について議論」の2本の記事で紹介しているので、資料と併せて一読いただきたい。