ニュース

SBI Ripple Asiaの個人間送金無料サービス「Money Tap」、住信SBIネット銀行・スルガ銀行・りそな銀行と連携開始

携帯電話番号やQRコードで振込先を指定したリアルタイム送金が可能

 住信SBIネット銀行株式会社、スルガ銀行株式会社、株式会社りそな銀行の3行は10月4日、SBI Ripple Asiaが提供する即時決算で送金手数料無料の個人間送金サービス「Money Tap」(マネータップ)との連携を同日より開始したことを発表した。相手の銀行口座番号を知らなくても、携帯電話番号やQRコードのいずれかを指定することで、即時送金を行える。1回3万円、1日10万円以内の送金は、送金手数料が無料となる。現在は住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行のインターネットバンキング口座間でのリアルタイム送金が可能で、その他の金融機関にも対応を拡大する予定であるとのこと。

 「Money Tap」は、Ripple社の分散型台帳技術「xCurrent」を活用したスマートフォン用送金アプリで、SBI Ripple Asiaが提供している。1回3万円、1日10万円以内という制限はあるが、送金手数料は無料。本サービスに対応する金融機関であれば銀行口座番号だけではなく、携帯電話番号、QRコードのいずれかを振込先として指定できる。ユーザーが振込みを依頼した後、「xCurrent」を搭載する次世代金融プラットフォーム「RCクラウド2.0」に接続することで、振込先の金融機関に24時間365日のリアルタイム送金を実現している。指紋などによる生体認証と組み合わせることで、ユーザーエクスペリエンス(UX)とセキュリティを両立させているのも特徴だ。

 SBI Ripple Asiaは米Ripple社とSBIホールディングス株式会社の合弁会社で、アジアにおける送金革命のために分散型台帳技術の実用化を目標に掲げている。そのためにメガバンクや地方銀行が参加する「内外為替一元化コンソーシアム」を設立し、国内外の送金の一元化でオペレーションコストを削減、24時間リアルタイム決済、決済インフラコストや銀行の決済コストの削減、顧客の送金手数料削減を目指している。

 なお、本稿の初出時ではAndroid向けアプリ「Money Tap」が先行してダウンロード可能であった。同日のうちに、iOS向けアプリ「Money Tap」もダウンロードできるようになったことを、ここに追記しておく。

 「Money Tap」について弊メディアでは「SBI Ripple Asiaが電子決済等代行業者の登録を完了、国内で営む条件を満たす」や「SBIが米Ripple社と米R3社の分散型台帳技術を活用、個人間送金などの実現へ」といった記事でも取り上げている。SBIグループやRipple社の取り組みに興味がある場合は、これら先行掲載の記事も参照いただきたい。