ニュース

bitFlyer、仮想通貨BCHハードフォーク後はBitcoin ABCの参照チェーンをBCHと表記する方針を表明

BCHハードフォークで新通貨が発生した場合の対応は未発表

 仮想通貨交換所「bitFlyer」を運営する株式会社bitFlyerは、15日深夜から16日早朝にかけて予定されている仮想通貨Bitcoin Cash(BCH)のハードフォークへの対応を11月14日に改めて発表した。同交換所ではBCHのハードフォーク後、Bitcoin ABCが参照するチェーンをBCHと表記する方針であることを明らかにした。

 bitFlyerにおいてはBCHの入出金の受付を15日22時より一時停止するが、売買は可能にするとのこと。サービスの再開については、改めて告知される予定としている。

 また、同交換所における「アルトコイン販売所」でのBCH/JPYの売買、「bitFlyer Lightning」でのBCH/BTCの取引は通常通り利用可能にするという。

 なお、ハードフォークによりBitcoin ABC(BCH)と分岐したチェーンとして、Bitcoin SV(新通貨)が発生する可能性もあるが、bitFlyerにおいて、その新通貨を扱うのか、BCH保有ユーザーに新通貨を付与するのかといった対応方針については、本稿執筆時点では未発表となる。