ニュース

仮想通貨交換所bitbank、Bitcoin Cashハードフォーク後のBCH入出金停止の継続を発表

新通貨扱いのBitcoin SV付与の可能性についても言及

 仮想通貨交換所「bitbank」を運営するビットバンク株式会社は、11月16日未明に実施されたBitcoin Cash(BCH)のハードフォーク直前からBCHの入出金を停止しており、その停止処置を引き続き継続することを22日に改めて発表した。今回の発表では、新通貨扱いのBitcoin SV(BSV)付与の可能性についても言及されている。しばらくBCHは売買のみ可能だったが、22日20時から26日11時までの期間、BCH/JPYとBCH/BTCの新規注文についても一時停止となっている。

 Bitcoin Cashは今回のハードフォークにより、Bitcoin ABCとBitcoin SVでチェーンが分岐したため、BCHはBitcoin ABCとBitcoin SVという2種類の仮想通貨に分裂した。bitbankではBitcoin ABC(BCHABC)が参照するチェーンの仮想通貨について、従来通り「BCC」(BCHの別表記)のティッカーシンボルとする方針とのこと。

 bitbankでは、新通貨のBitcoin SV(BCHSV、以下BSV)については、BSV発生時に保有ユーザーのスナップショットを取得済みであるという。ただし、BCH保有ユーザーに新通貨BSVを付与するか検討する前に、リプレイアタックプロテクション(リプレイ攻撃保護)によるユーザーの資産保全、プロトコル脆弱性やバックドアといったセキュリティ上のリスク、反社会的行為との関わりなどの問題を検討するという。すべて問題ないと判断できた後、スナップショットに基づいた数量の新通貨BSVを、ユーザーに付与することを検討するとのこと。

 なお、Bitcoin Cashのティッカーシンボルは、国内仮想通貨交換所ではBCHとBCCの2種類が混在している。弊誌「仮想通貨 Watch」では便宜上、BCHの表記に統一して解説している。