ニュース

Bitcoin Cashハードフォークから約100時間、国内仮想通貨交換所はBCH入出金停止を継続

Bitcoin ABCがreorg予防のチェックポイントを設置、Bitcoin ABC=既存通貨BCH、Bitcoin SV=新通貨となるか

 仮想通貨Bitcoin Cash(BCH)の2018年11月における大規模アップデートは、予定通り16日1時40分頃に実施された。詳細は記事「Bitcoin Cashハードフォークが無事完了、ABCとSVにチェーンが分岐して新仮想通貨が誕生」で報じたので、そちらを参照いただきたい。

 端的に書くと、Bitcoin Cashは今回のハードフォークにより、チェーンが分岐したため、BCHはBitcoin ABCとBitcoin SVという2種類の通貨に分裂した。

 Bitcoin ABCの最新クライアントソフトであるバージョン0.18.4では、ハードフォーク後にブロックチェーンのreorg(再編成)が発生することを防ぐため、分岐後のチェーンにチェックポイントを設定し、分岐前の状態にreorgすることを防止する処理が施されている。ブロックチェーンのチェックポイントは、51%攻撃やセルフィッシュ・マイニング攻撃(Block Withholding Attack)対策として利用されることもある。

 Bitcoin Cashは、2017年8月1日のハードフォークによりBitcoinのチェーンから分岐して誕生した新しい仮想通貨だ。ハードフォーク計画の是非、新しい通貨への対応方針、名称の問題、コミュニティの対立などでさまざまな混乱が生じた。2018年11月16日の1時40分頃に実施されたBitcoin Cashのハードフォークでは、Bitcoin ABCとBitcoin SVがそれぞれ独立したアップデート仕様を提案し対立し、分裂した。

 2017年当時と比べても大規模な騒動となっており、対立から生じた混乱は収まる様子を見せない。

仮想通貨Bitcoin Cashハードフォーク後の対応通貨

 たとえば、新通貨を付与するのか、Bitcoin ABCとBitcoin SVのティッカーシンボルをどうするのか、といった対応方針をいまだに発表していない国内の仮想通貨交換所は多い。

 ハードフォークで新通貨が発生した場合に、BCH保有ユーザーに新通貨を付与するのか否かといったことは、交換所ごとに対応が異なる。SBI VCTRADE、BTCBOX、Liquid by Quoineの各交換所は新通貨を付与する方針で、bitbankとみんなのビットコインは検討中、ほかは方針を明らかにしていない。

【Bitcoin Cashハードフォーク後の対応通貨】
※最終更新は11月23日15時00分
交換所名最新発表日Bitcoin ABC
(既存通貨)
Bitcoin SV
(新通貨)
Liquid by Quoine11月14日対応対応
bitFlyer11月14日対応未発表
bitbank11月22日対応未定
VCTRADE11月7日対応対応
GMOコイン11月14日未発表未発表
BitTrade11月6日未発表未発表
BTCBOX11月8日対応対応
BITPoint11月14日未発表未発表
フィスコ仮想通貨取引所11月9日未発表未発表
Zaif11月7日未発表未発表
Coincheck11月13日対応未定
みんなのビットコイン11月14日対応対応検討

 売買可能なBCH価格からの推測として、国内の仮想通貨交換所は、Bitcoin ABCが参照するチェーンをBCHと表記する方針であるようだ。この方針が転換されない限り、国内交換所では、Bitcoin ABCが既存通貨「BCH」の識別コード(ティッカーシンボル)を引き継ぐことになるだろう。

 仮に仮想通貨交換所がBitcoin SV(新通貨)に対応すると決定した場合には、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)への届出と承認が必要となる。そういった事情があるため、方針を明らかにできないのであろう。

仮想通貨Bitcoin Cashハードフォーク前後の取引可否

 また、ネットワークの安定稼働が確認できないという理由のため、本稿執筆時点(11月20日6時00分)でも国内の仮想通貨交換所では、BCH入出金などの取引停止処置が解除されていない。他方でBCH売買が可能な交換所は多い。

 執筆後の追記情報としては、みんなのビットコインは11月20日、入金を再開した。bitbankは同交換所の価格と市場価格が大幅に乖離していることを理由に、11月の22日20時から26日11時まで売買取引を停止することを発表している。コインチェックは11月27日、入出金と売買を再開した。BTCBOXは11月30日、入金を再開した。Liquid by Quoineは12月4日、入出金を再開した。

【Bitcoin Cashハードフォーク前後の取引可否】
※最終更新は12月5日2時30分
交換所名停止日時入金出金売買
Liquid by Quoine15日1時40分頃
bitFlyer15日22時00分頃××
bitbank15日22時00分頃××
VCTRADE13日7時00分頃×
GMOコイン15日12時00分頃××
BitTrade15日22時00分頃××
BTCBOX15日00時00分頃×
BITPoint15日21時00分頃××
フィスコ仮想通貨取引所15日12時00分頃××
Zaif9月17日夕方頃××
Coincheck15日12時00分頃
みんなのビットコイン15日1時40分頃×

 なお、最後に1点注意しておくと、Bitcoin Cashのティッカーシンボルは、国内仮想通貨交換所ではBCHとBCCの2種類が混在している。弊誌「仮想通貨 Watch」では便宜上、BCHの表記に統一して解説している。

お詫びと訂正:記事初出時、「リプレイアタック対策」と記載しておりましたが、チェックポイントとリプレイアタック対策を混同したもので、正しくありませんでした。お詫びして訂正させていただきます。