ニュース

Liquid Network上で法定通貨と仮想通貨の同時決済サービスの実証実験

Crypto Garage社と国内認定交換所数社が実施、政府の規制緩和制度の認定を受けて実現

プレスリリースより引用(以下同)

 株式会社Crypto Garageは1月21日、Liquid Networkを利用し、法定通貨と仮想通貨間の取引で即時性、信頼性、秘匿性を保ち、不正取引の補足や検証も可能なリアルタイム決済サービスの実証実験を開始する。政府が革新的な新事業を育成するため、現行法の規制を一時的に停止する規制緩和策の一環である「サンドボックス制度」の認定をCrypto Garage社が受けて実施するもの。

 Liquid Networkは、BitcoinブロックチェーンのサイドチェーンとしてBlockstream社が開発する取引所間決済ネットワークで、Crypto Garage社も同ネットワークの運営に参加している。Crypto Garage社がブロックチェーン金融事業者向けに開発するプロダクト「SETTLENET」は、Liquid Network上にアセット発行や売買、取引モニタリングなどの機能を提供する予定とされる。

 今回の実証実験では、「SETTLENET」が国内の認定仮想通貨交換業者数社に限定で提供され、Liquid Network上で円建てトークン(JPY-Token)を発行する。アトミックスワップ技術を利用することで、JPY-Tokenと仮想通貨Lightning Bitcoin(L-BTC)をリアルタイムで同時決済するほか、取引相手に対する信用リスクの排除、秘匿性を保った取引を実現するとのこと。「SETTLENET」では、不正取引の補足や検証ができる仕組みも用意するという。