ニュース

GMO、スマホアプリ「キャプテン翼ZERO」にビットコイン報酬配布システムを実装

「CryptoChips byGMO」対応第2弾として3月より機能追加

キャプテン翼ZERO 決めろ!ミラクルシュート イメージ画像(プレスリリースより引用、以下同)

 GMOインターネット株式会社は1月28日、同社の提供するスマートフォン向けアプリ「キャプテン翼ZERO 決めろ!ミラクルシュート」(以下、キャプテン翼ZERO)に、「CryptoChips byGMO」の機能を実装することを発表した。同システムは対応アプリ内で仮想通貨を報酬として配布するもの。本作には3月に実装予定だという。同社が2018年8月に発表した「ウィムジカルウォー」に次いで、本作が2作目となる。また、「CryptoChips byGMO」の実装に合わせて、キャプテン翼ZEROのゲーム内で、Bitcoin(BTC)を配布するイベントが企画中であるという。

 「CryptoChips byGMO」は、GMOが2018年8月より提供を開始した、スマホ向けアプリ内で仮想通貨を報酬として配布するシステムだ。同社のマルチシグベースの仮想通貨送金管理サービス「GMO SigNeD」を活用しているという。対応タイトル第1弾である同社提供のスマホアプリ「ウィムジカルウォー」では、同月より、ゲーム内ランキングに応じてBitcoin(BTC)を配布するイベントを展開中とのこと。

秘密のおこづかいシステム「CryptoChips byGMO」

 ウィムジカルウォーでは、イベントを通じて累計1494名のユーザーに総額32万3100円相当のBitcoin(BTC)を配布したとしている。また、総額300万円相当のBitcoinを賞金としたオフライン大会を2018年9月に開催していた。これらの企画の成功を受け、今後はキャプテン翼ZEROにおいても、仮想通貨の配布によるユーザーの拡大を狙うという。