ニュース

DAppsゲーム「くりぷ豚」、本物のダイヤモンドが賞品の特別レースを開催

新たに特定キャラクターの買い取りプロジェクトも始動

 株式会社グッドラックスリーは4月9日、株式会社セレスと共同開発したブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」にて本物のダイヤモンドが賞品となる特別レース「ダイヤモンドカップ」の開催を発表した。同レースは、宝石をモチーフにした「くりぷトン」(キャラクター)購入者のみが参加可能となる招待キャンペーンで、同日より予選がスタートした。また、併せて特定のキャラクターを買い取るプロジェクトの開始を明らかにした。

 「くりぷ豚」は、仮想通貨Ethereum(ETH)のブロックチェーン・プラットフォーム上で動作するDApps(Decentralized Applications=分散型アプリケーション)ゲーム。ゲーム内の豚キャラクター「くりぷトン」をEthereumのERC-721トークンとして売買する。ほかの「くりぷトン」と交配させて誕生した新種をコレクションしたり、ユーザー間で売買することが可能。また、育成した「くりぷトン」でレースに挑むことができる。ちなみに「くりぷ豚」はゲーム名、「くりぷトン」はゲーム内に登場する豚のキャラクターを指す。

レースについて

 現在、予選開催中の「ダイヤモンドカップ」は「くりぷトン」を使ったレースのうちの、特別レース。宝石をモチーフにしたくりぷトン「宝石トン」(ダイヤモンド・ガーネット・アメジスト・アクアマリン・モリオン・アラゴナイト・レピドライト)の購入者を対象に開催する限定レースとなる。レースは一定期間の予選を行い、本戦に出場できる予選上位6名を選出。本戦レースでは、1位から3位までの入賞者に本物のダイヤモンドが賞品として贈呈されるという。


    1位:ダイヤモンド(参考価格:4万9000円相当)+専用EXステータス
    2位:ダイヤモンド(参考価格:2万8000円相当)
    3位:ダイヤモンド(参考価格:1万5000円相当)
    ※上記の価格はグッドラックスリー調べの参考価格

 予選は4月9日から4月16日15時まで、本戦は4月17日18時開催を予定している。ただし、参加人数が定員に達しなかった場合は本戦を不開催とするとしている(予選上位6名に達しない場合)。レース参加者には、参加賞として(初回レース参加時、1ユーザー1回だけ)に巻きもど寿司(ステータスをリセットするアイテム)が贈呈される。

買い取りプロジェクト

 今回、同社が販売した「くりぷトン」を同額のEthereumで買い取る保証プロジェクトの開始を新たに発表した。

 買い取り対象となる「くりぷトン」は、同社が販売した「くりぷトン」及びユーザーが交配により生み出した「くりぷトン」のうち同社が別途指定する条件を満たすものに限るという。ただし、同社が「くりぷトン」販売時に買い取り対象外と指定したものについては対象外とするとのこと。買い取り対象となった「くりぷトン」については、「くりぷ豚」のサービスが継続する限り、同額のEthereumで買い取りをするという。

 なお、買い取り開始日や買い取り条件等については、後日、ゲーム内のお知らせやMediumにて公開する予定としている。