ニュース

サムスン、最新端末向けイーサリアムDApp開発キットを公開

Samsung Blockchain Keystore搭載のGalaxy S10e、S10、S10+、S10 5G、Galaxy Foldが対象

(Image: Framesira / Shutterstock.com)

サムスンは7月10日、ブロックチェーンアプリの開発キットSamsung Blockchain SDK(以下、SDK)のベータ版を公開した。SDKは、分散型アプリケーション(DApp)におけるブロックチェーンアカウントの管理を容易にする。同社の携帯端末Galaxyシリーズに搭載されたSamsung Blockchain Keystoreと連携することで、Keystoreや外部のコールドウォレットを用いた送受金の機能を実現できるという。

SDKはDApp開発者向けにベータ版が提供されている。2019年末までに正式版のリリースを予定している。対応する端末はSamsung Blockchain Keystoreを搭載するもので、同社のGalaxy S10e、S10、S10 +、S10 5G、およびGalaxy Foldが対象となる。米国、カナダ、韓国向けに提供されるという。開発環境はEthereumのブロックチェーンに対応する。

Samsung Blockchain Keystoreは、ユーザーアカウントとブロックチェーンアドレスのひも付けを行い、その管理とトランザクションへの署名などの機能を提供する。SDKは、Keystoreと連携して外部ブロックチェーンノードとの通信を可能にする。DApp上で外部コールドウォレットの活用が可能になり、送受金などの実装を容易に行うことができるとのこと。

Samsung Blockchain SDKを用いて開発するDAppのイメージ図