ニュース

Zaifとフィスコ仮想通貨取引所、正式に統合を発表

実施日などスケジュールについては後日同社ブログにて報告予定

(Image: Shutterstock.com)

仮想通貨交換所「Zaif」を運営する株式会社フィスコ仮想通貨取引所(フィスコ社)は8月13日、同社運営の2つの仮想通貨交換所「Zaif」と「フィスコ仮想通貨取引所」の統合を発表した。事業の効率的な運営を目的とし、「Zaif」と「フィスコ仮想通貨取引所」を1つの仮想通貨交換所に統合する。統合スケジュールに関しては未定、決定次第メールおよび同社ブログにて報告するとした。

統合に際し、フィスコ仮想通貨取引所に資産を持つ顧客の口座については、日本円および仮想通貨の残高すべてがZaifへと移管され、1つにまとめられる。移管作業については同社が行うが、作業期間中は出金手続きに要する時間が通常よりも長くなる可能性があることから、入出金が再開している通貨については顧客自身でZaifへ送金することを推奨している。

また、統合時には改めて本人確認が必要になる可能性があることから、同社は顧客に対して、住所など顧客情報についてはあらかじめ最新のものに更新するよう注意喚起を促している。

両交換所の統合についてフィスコ社は、すでに3月28日に開示した有価証券報告書にて2019年中に統合する予定を報告していたが(参考記事)、今回の発表は、同社による正式なリリースとなる。