ニュース

日本ブロックチェーン協会(JBA)代表理事が交代 〜bitFlyer加納氏が辞任し、ガイアックス肥後氏が就任

 仮想通貨交換業の自主規制団体である一般社団法人日本ブロックチェーン協会(JBA)は6月26日、公式サイトにてガイアックス肥後氏が新代表理事に就任したことを発表した。

 JBAの代表理事である加納 裕三氏(株式会社bitFlyer代表取締役)が6月25日に自主的に代表理事を辞任。翌6月26日に開催された第4回JBA社員総会と臨時理事会にて、肥後 彰秀氏(株式会社ガイアックス執行役)が代表理事に選出された。

 なお、JBAの新代表理事に肥後氏が就任した際の挨拶のなかで、仮想通貨交換業にかかる自主規制のテーマは「日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)」が取り扱うものと考え、改正資金決済法が定める「認定資金決済事業者協会」となることをJBAの目的からはずし、改めてブロックチェーン技術を活かした産業振興に取り組む意向であることが表明された。