ニュース

Android版「Opera」に仮想通貨ウォレット機能を実装、プライベートベータ版の参加者募集を開始 〜Web 3.0ブラウザーへ

 ノルウェーのOpera Software ASAは7月11日(現地時間)、Android版のWebブラウザー「Opera」に仮想通貨ウォレット機能を実装することを発表。同機能をテストできるプライベートベータ版の参加者募集を開始した。仮想通貨ウォレット機能の標準実装は、メジャーなWebブラウザーとしては初で、Ethereum Web3 APIをサポートするとのこと。

 Opera Software ASAの主張によると、ユーザーが個別の仮想通貨分散型アプリケーション(DApps)ブラウザーや、仮想通貨ウォレットエクステンション(プラグイン)をインストールする必要がなくなるとしている。さらに同社によると、既存のDAppsブラウザーは、デフォルトのWebViewの上に構築されているためブラウザーとしては非常に基本的なもので、多くの技術的な制限と欠点があるという。

Opera introduces first browser with built-in Crypto Wallet | OPERA | BROWSER

 なお、本稿掲載時点でOpera blogsはアクセスできなくなっており、プライベートベータ版に参加するためのURLも、現時点では404エラーでページが表示されない状態になっている。