ニュース

NEM財団、政治メディア×トークンエコノミーの「ポリポリ」を公式支援

独自通貨Polinの発行にNEMブロックチェーン技術を採用

 「テクノロジーで国家システムを再構築する」をミッションとする株式会社PoliPoliは8月21日、同社が運営する政治をテーマとしたソーシャルメディア「ポリポリ」が、NEM.io財団(NEM.io Foundation)の公式支援を受けることを発表した。「ポリポリ」内で使われる独自通貨PolinはNEMブロックチェーン技術で発行され、サービス内で流通するインセンティブに用いられる。

 「ポリポリ」のiOS版アプリは7月2日にβ版がリリースされた。ユーザーが「いいね」を集めるような良い発言をするとPolinが貰えるというインセンティブにより、コミュニティの質を高めるサービス設計になっている。NEMブロックチェーンは、トークン機能がネイティブで提供され、REST APIを使う既存のプログラムで動かせるため、実装が簡単で、さらにセキュリティが堅固であることから、「ポリポリ」へ採用するに至ったという。

 NEM.io財団は、2017年にシンガポールで設立された財団法人。NEMブロックチェーン技術の振興と、産官学のさまざまな領域においてNEM経済圏の拡大を目指している。「ポリポリ」がNEM.io財団による公式支援を受けることにより、国内外に向けたマーケティングなどさまざまなサポートを享受でき、ユースケースの拡充などさらなる事業の発展が図れるという。

 なお、PoliPoliのCEO伊藤和真氏は19歳で、慶應義塾大学2年生。