ニュース

仮想通貨・ブロックチェーンの税金対策・実用性・技術トレンドが分かる「BlockChainJam 2018」

Bitcoin・Ethereum・NEMからCosmos・Omise Go・Enigmaなど多岐なテーマを扱うイベントが開催予定

 ブロックチェーンが「これからの未来を創る技術」であると実感できるイベントを目指しBCJ実行委員会は10月21日、東京・六本木アカデミーヒルズのタワーホールにて「BlockChainJam 2018」を開催する。このカンファレンスでは国内外のブロックチェーン業界人が十数名登壇する。日本デジタルマネー協会理事の大石哲之氏やブロックチェーンの互換性問題を解決するプロジェクト「Cosmos」広報のChjango Unchained氏をはじめ、ブロックチェーンエンジニアや公認会計士などが名を連ねる。ブロックチェーン技術の普及・認知拡大を目指し、その成り立ちや技術面の取り組み、仮想通貨の税務の話にも触れられる。チケットはPeatixで販売するほかに、株式会社LCNEMが提供するブロックチェーンを応用した転売防止チケットシステム「ちけっとピアツーピア」(Ticket Peer to Peer)での購入も可能となっている。

 内容は初心者にもわかりやすいよう、ブロックチェーンの基本やブロックチェーンが何に使われる技術なのかから、仮想通貨が直面する課題や仮想通貨の取引における税務についてなど、実用面についても知ることができる。また、Cosmos、Omise Go、Enigmaなど各ブロックチェーンプロジェクトの概要やビジョンについての解説も行われる予定だ。登壇者には、フレセッツ株式会社CEOの日向理彦氏、Crypto economics Lab・CTOの落合渉悟氏、Omise Japan株式会社の宇野雅晴氏、株式会社LCNEMの木村優氏といった豪華メンバーが登壇する。当日は日本語・英語の同時通訳があり、英語が不安な方も参加可能とのこと。

 チケットに使用される「ちけっとピアツーピア」は、ブロックチェーンを使ったチケットシステムである。何らかのトランザクションを受信した時点でチケットが無効になる性質を持ち、転売対策が容易という特徴がある。またどのような形式のWebサイトにも自由なデザインを埋め込むことができ、イベントサイトから購入ページへ遷移することなく購入できる。本カンファレンスは、このシステムを使った初のイベントであることがイベント公式サイトにて謳われている。

 なお本イベントはCryptoGain.G.K社とStir社の2社が共催している。CryptoGain.G.K社は、税理士向けに移動平均法だけでなく様々な税務計算が行える仮想通貨の税務計算ソフトウェアを開発している企業である。Stir社は仮想通貨の技術的なリサーチを行い記事を配信しているメディアの運営企業であり、PoS・DPoSのサーバーの代行やノード構築を自動化するソフトウェアの開発事業も行なっている。