ニュース

AIとブロックチェーン活用の新たな住宅ローン審査手法の共同研究を開始、全国保証・ナレコム・ZBBの3社

年収・勤続年数・クレジットカード・銀行口座などの情報も審査データに加えた多角的な審査・分析の自動化へ

 全国保証株式会社ら3社は12月12日、AIとブロックチェーンを活用した住宅ローン審査手法を構築する共同研究を開始した。新手法では、全国保証社の保有情報のほか、年収や勤続年数、クレジットカード情報、銀行口座情報など秘匿性の高い外部情報を併せたものを審査データとして扱えるようにする。そのために、ZEROBILLBANK JAPAN株式会社(以下、ZBB社)のブロックチェーン技術と、株式会社ナレッジコミュニケーション(以下、ナレコム社)のクラウドAIを活用する。

 全国保証社は、住宅ローン信用保証事業における審査・債権管理データと審査ノウハウを蓄積してきた。今回の取り組みでは、全国保証社の保有情報と審査ノウハウをナレコム社のクラウドAIに学習させ、AIが自動的に住宅ローンの審査・分析を行えるようにするという。従来の全国保証社が保有する情報に加えて、ZBB社のブロックチェーンを活用して秘匿性を確保した上で、外部APIで取得した情報を併せたものが審査データとなる。

 全国保証社の保有情報のほか、年収や勤続年数、クレジットカード情報、銀行口座情報などの付加情報を併せた審査データを元に、多角的な審査をナレコム社のクラウドAIによって実現させるという。さらに、AIによって審査済みの信用情報やAPIから取得したデータを、ブロックチェーンを利用して事業者間で安全に共有することも視野に入れているとのこと。