ニュース

クリプトリンク、ICO投資管理機能を2018年分確定申告用の仮想通貨収支計算ツールに追加

仮想通貨収支計算に加えて新規発行トークンへの投資管理・収支計算が可能に

 仮想通貨の収支計算・管理ツールを開発するクリプトリンク株式会社は2月1日、同社がWebにて提供する仮想通貨の確定申告支援ツール「クリプトリンク」に、仮想通貨・暗号資産の新規発行トークン(ICO)を管理できる機能を実装したことを発表した。「クリプトリンク」で、新たにICOトークンへの投資実績とその収支を管理することができるようになった。

 クリプトリンク社は、2017年度より確定申告用に仮想通貨の収支計算ができるツールを無料にて提供している。国内の大手仮想通貨交換所ほか海外の仮想通貨交換所など幅広いデータに対応し、収支計算から確定申告まで全体をサポートしている。今回、ICOにも対応した。

 ICOトークンへの投資は、国内では2017年度のCOMSAを最後に目立ったものはないものの、海外では現在も積極的に実施されている。しかし、取引所やウォレットの取引履歴だけでは、これから発行予定のICOトークンへの投資等が管理できず、投資家自身で個別に管理するしかない状況だったという。クリプトリンクでは、従来も同社提供の汎用ファイル(エクセル)の活用や、個別取引を入力することで対応可能だったが、新たにICO投資実績を一括して管理できる機能を実装しリリースした。

 ICO投資管理機能により、通常の取引所やウォレットの明細では把握できないICO投資をまとめて記録・保管が可能となり、将来上場後もシームレスに収支計算を行うことができるという。

ICO投資時の処理画面一例
新規上場時の処理画面一例